カタン (CATAN) 日本カタン協会公式ページ

ボードゲーム「カタン」および、関連情報を紹介する「日本カタン協会」公式ページです。

セットアップ

ゲーム盤となるカタン島の地形を組み立てたら「セットアップ(初期配置)」を始めましょう。


資源カード」は種類別に5つの山に分け、ゲーム盤の横に表向けにして並べます。

各プレイヤーは色を決めたら、その色のゲームコマを手元に用意します。

  • 開拓地コマ:5つ
  • 都市コマ:4つ
  • 街道:15本
  • 建設コストカード:1枚

発展カード(チャンスカード)」はシャッフルして「資源カード」の横に裏向けに置きます。

2枚の特別カード(「最長交易路」「最大騎士力」)とサイコロをゲーム盤の横に用意します。

盗賊砂漠に置きます。

「初期配置フェーズ」は2ラウンドあります。ラウンドごとに、各プレイヤーは開拓地1つと街道1本を建設します。

第1ラウンド

プレイヤーは、それぞれサイコロを振ります。出目の一番大きかったプレイヤーが一番手になり、初期配置を開始します。

開拓地を置く際は「間隔ルール」厳守です!

一番手は、自分の選んだ交差点に開拓地を1つ置き、その開拓地に接する街道を1つ置きます。続いて2番手以降は時計回り順で、開拓地1つと街道1つを置いていきます。

その後は反時計回り順で、同様に配置していきます。今度は、第1ラウンドで一番手だったプレイヤーが最後になります。

第2ラウンド

各プレイヤーが一通り最初の配置を終えたら、第1ラウンドで最後だったプレイヤーから第2ラウンドを始めます。そのプレイヤーは2つ目の開拓地と街道を置きます。

2番目の開拓地は、「間隔ルール」を守っていれば、空いているどこの交差点にでも置くことができます。最初に置いた場所とつなげる必要はありませんが、2本目の街道は2つ目の開拓地と(3方向のどれかで)必ず接するようにします。

各プレイヤーは2つ目の開拓地を置いた時点で、最初の産物を受け取ります。受け取る資源カードは2つ目の開拓地に接している各地形から1枚ずつで、場の山から取ります。

一番手(第2ラウンドでは最後のプレイヤー)がゲームを開始し、サイコロを振って資源を産出します。初期配置フェーズでのコツは「戦術」を見てください。

掲載情報について

掲載情報が最新であるか、正確であるか、ご利用者に有用であるかについて、いかなる保証をするものではありません。
掲載情報に関するお問い合わせなどはこちらのフォームからお願いいたします。


反社会勢力に対する排除宣言

当協会は特性上、他団体(メーカーやサークルなど)のイベントを掲載・紹介することはありますが、相手方が反社会勢力であると判明した場合は、即時掲載・紹介を停止いたします。詳細はこちらのページをごらんください。