カタン (CATAN) 日本カタン協会公式ページ

ボードゲーム「カタン」および、関連情報を紹介する「日本カタン協会」公式ページです。

サイコロで「7」を出したとき

7の目が出た場合、どのプレイヤーも資源は受け取れません。

そのかわりに、以下のことを行います。

(1)各プレイヤーは手持ちの資源カードを数えます。7枚より多い(つまり8枚以上)持っているプレイヤーは、半数のカードを選んで場に戻します。手持ちのカードが奇数枚だった場合、切り捨てで計算します(9枚持っていた場合は、4枚を場に戻します)。

7を出したプレイヤーAの手持ちカードは6枚だけ。プレイヤーBは8枚でプレイヤーCは11枚。この場合、Bは4枚、Cは(切り捨てで)5枚を場に戻します。

(2)次に、(7を出した手番中のプレイヤーは)盗賊を、今いる地形から別の地形の数値トークン上(または砂漠)に盗賊を移動させます。盗賊は他の地形のトークンに移動するまで、この地形での資源の産出を妨害します。

(3)資源カードを山に戻した後は、移動先の地形に開拓地や都市が接しているプレイヤーから、資源カードを1枚ランダムに選んで盗むことができます。該当するプレイヤーが複数いる場合、そのうちの1人を選びます。

盗賊は必ず移動させます。移動させないで同じ場所に置いておくことはできません。

盗賊を移動させた後は、交易フェーズからゲームを再開します。

騎士カード(ソルジャーカード)を参照

資源の産出

手番になると、サイコロを振って資源を得ます。サイコロの目でどの地形の資源かが決まります。サイコロの目に対応する地形タイルは2枚ずつありますが、2と12は1枚ずつしかありません。

出目で示された地形に接する開拓地や都市をもつプレイヤーは、その地形の産出物(=資源カード)を受け取ります。受け取る資源カードは、開拓地1つにつき1枚、都市1つにつき2枚です。

青のプレイヤーの出目は4。の開拓地Aは数値4の耕作地に接しているので、資源カード「羊」を手に入れます。開拓地Aが都市だった場合は、「羊」が2枚手に入ります。赤のプレイヤーは開拓地Bを持ち、数値4の地形タイル「山脈」「牧草地」の2枚に接しています。この場合、赤のプレイヤーは鉄1枚と羊1枚を場の山から受け取ります。

ゲームの進行中、場の山の資源カードが足りなくなる場合があります。資源カードが、資源を産出したプレイヤー全員に行き渡らない場合、どのプレイヤーも資源を得ることはできません。他の種類の産出物には影響ありません。

掲載情報について

掲載情報が最新であるか、正確であるか、ご利用者に有用であるかについて、いかなる保証をするものではありません。
掲載情報に関するお問い合わせなどはこちらのフォームからお願いいたします。


反社会勢力に対する排除宣言

当協会は特性上、他団体(メーカーやサークルなど)のイベントを掲載・紹介することはありますが、相手方が反社会勢力であると判明した場合は、即時掲載・紹介を停止いたします。詳細はこちらのページをごらんください。